引っ越しの準備と掃除をぬかりなく




引越の支度というと荷物の梱包というような認識があるようですが、必須なのが転居先の掃除です。引越しの当日には大き目の家財などをセッティングしていくので、あらかじめ床拭きをしておかないと、そのまま床へ家具を置いていく事態になってしまいます。暗くなった後の引越のときは明かりが必要ですので、さきに用意しておくと良いです。その場合、カーテン無しだと外側から見られてしまいますので、気掛かりな方は用意しておくと良いです。

引越しの日時が夕方以降であると、その前にほかの引越が組み込まれてくるため、直前の引越作業が伸びて時間通りにならない事も多くなります。きっちりとスケジュール通りに引越しを行いたいときは、朝一番の日程で依頼することが不可欠です。金銭面では夕方以降等のほうが安くなることが多くなりますが、朝一の作業というのは、一番の引越しであるため業者の方も元気のあるコンディションで作業してくれますし、夕方以降などよりも不手際も回避できます。引越し作業の時間についても短いことが少なくないです。

引越する代金を低く抑えたいならば、多くの業者に見積りを依頼するのが基本です。ひとつのところでも、引っ越しする季節とか繁忙状況によって料金も変動してきます。とりわけ少人数の引越等で積荷量が少量の条件のときは、ほかの引越との関連で都合が合えば普通よりも低い費用で受けてくれることもあります。時間帯にこだわらないで任せてしまう感じにすると安くできる事が多くなります。



このページの先頭へ