外壁塗装をするタイミング

一戸建てはマンションとは違い、自分自身で修理のタイミングを図らなければなりません。
とはいえ一般にはその目安が分からず、ある日突然雨漏りがしたりシロアリが発生したりと、起こってから大慌てになることが多いようです。
しかし、これでは場合によっては修理では取り返しがつかないほど悪化してしまっていることもあり、最悪建て直しに至るケースもあり得るのです。
ただ、同時に心配するあまり悪徳業者の手にかかり、大した修理でもないのに多額修理費を取られたといったケースもあり、修理のタイミングは非常に難しい問題でもあります。
家の外壁を守る外壁塗装にも、それは当てはめられます。
外壁塗装は家の顔を美しくするだけでなく、壁や柱の劣化を食い止める大切な役目があります。
ですから、これが剥がれては雨風や紫外線を防ぐことができず、家の劣化が進んでしまうのです。
では、外壁塗装をするタイミングはどのような時なのでしょうか。
まずは外壁をみて、ヒビがあったり水が滲みだしていたらそれが塗替えのサインです。
また、外壁をさわってみて白い粉が手につくと、塗料が劣化している証なので塗替えが必要です。
素材によって塗替えサイクルは変わりますが、板張りでは5年前後、モルタルは7年から10年が目安となります。
これを参考に塗り替え時期の計画をたてると良いとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ