住宅ローン

住宅ローンもショッピングローンなどと同じく、出費の対象や用途が初めから決まっているものに対して組み込まれる分割支払いです。ショッピングローンとは違って、さらに高額なものを対象としており、おそらく一般人が組める最も高額のローンなのではないでしょうか。

分譲マンションにせよ一戸建てにせよ、いずれは家庭を持ち家族ができると必要になってくるものでしょう。しかし、何千万円もするこのような土地や建物を一括で購入することのできる一般人はなかなかいません。毎月こつこつと貯金していっても何十年先になるかわかりませんし、その時にはもう子供は大人を通り越して家庭を持って一人の親となっているでしょう。目を付けていた土地が何十年先まで売り地のままであるはずもなく、本来こうしたものに利用されるのがローンのあるべき姿だと思います。言ってしまえば、ショッピングローンなどでは、少し頑張って貯蓄をしていけば購入できるものです。しかし、人生の中で必要なものにはどうしても手の届かないものもありますので、住宅ローンはまさに人々の衣食住を支える大切なローンなのです。

住宅ローンを組むことで、私たちは自分の住み家を手に入れることができます。賃貸や貸家でもかまわないと思う人もいるかもしれませんが、毎月の出費には大きな違いはないのです。住宅ローンでは、かなりの高額な融資を、フリーローンなどと比べても低金利で借り入れることで、長い間をかけて分割で支払っていくものになります。家が古くなっても、火災や地震で無くなっても支払っていくものになりますので、賃貸の方がいいという方もいるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ