ダンボールなどの梱包材の引越しの見積もり料金

引越し業者を決める際に、訪問見積もりをしてもらうのですが、引越し業者の中には、梱包用に!とダンボールなどの梱包資材を置いていく業者もいます。 あたかも、無料のような感じで置いていくのですが、有料な場合もありますので、注意が必要です。 その業者を利用するのであれば、問題はないのですが、別の会社にお願いすることにした場合には、ダンボールを返却しなければならず、送料を負担しなければなりません。 もし、ダンボールを置いていくという業者がいましたら、有料なのか否かを必ず確認するようにしましょう。

また、ダンボールが有料の場合には、引越し業者の新品のダンボールを利用しなくとも、ご自身で調達することもできるのです。 お近くのスーパーなどでは、利用済みのダンボールを無料で提供してくれることが多いです。 強度がありそうなダンボールを調達すれば、ダンボール代金を浮かせることができます。

また、引越し業者では、一度利用したダンボールを中古品として、販売しているケースもあります。 新品よりもかなり安いので、そちらを利用することもよろしいと思います。 ただ、気をつけなければならないことは、一度利用しているダンボールのリユースということになりますので、強度が確保できない可能性があるということです。 特に、本やCDなどの重いようなものを詰めますと、底が抜けてしまい、大切な荷物の破損に繋がりますので、梱包する際に重量にも配慮しなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ