午前便と午後便での引越しの見積もり料金

引越しの時間帯により、引越しの見積もり料金は変わります。 午前便は時間の指定ができるのですが、一般的に午後便は時間の指定ができず、午前の引越し対応が終わってから、作業をすることになります。 引越しはトラブルが発生しやすいので、午後便での引越し開始時間が夕方や夜になってしまうことがあるのです。 引越し業者の自由度が効くので、料金が安いというわけです。

では、午前便と午後便のメリットとデメリットについて以下に説明します。 「午前便」は引越し開始時間が決まっているので予定がたてやすいことや、引越しの終了時間も早くて済むことです。 デメリットは料金が高いということです。 「午後便」は、料金が安いことがメリットですが、デメリットとしてはムダな待ち時間が発生する可能性があることや、引越し終了が深夜までに及ぶ可能性があることです。

以上のようなメリットデメリットを考慮して、午前便を利用する方がよろしい方は、スムーズに引越しを終了させたい方や、翌日の朝が早い方、新居の周囲に家が多い方などが適しているといえます。 午後便が適している人や、とにかく料金を安くしたい方や、引越し当日に時間的な余裕がある方、引越し先が近い方などになります。

ただし、午後便の場合には引越しが遅くなってもご近所に迷惑がかからないようにすることや、事前にご挨拶をすることが必要になります。 引越し後の荷解き対応や、新居でのご近所の方に迷惑をかけないために、私ならば、午前便を選択します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ