引越しのキャンセルと引越しの見積もり料金

予定していた引越し日に、万が一の事情により、引越しが出来ない場合もあると思います。 その場合には、標準引越運送約款に従って、キャンセル料金を支払う必要があります。 ちなみに、引越しの前々日までは最高で20%を支払う必要があります。 ですからそれ以前であれば、キャンセルをしても無料です。

ただし、標準引越運送約款ではなく、引越し業者自体の契約がある場合には、サービスに要した費用を徴収する場合もありますので、見積もり書(契約書)をしっかり確認する必要があります。 見積書は、どんな状態でどのような対応をしてもらえるのかが記載されています。 ですから、しっかりと見極める必要があるのです。

キャンセルするような場合には、病気や事故、身内の病気などの予期しない場合もあると思います。 基本的には料金を徴収されますが、引越し業者によっては相談にのってくれる場合もありますので、しっかり事情を説明するようにしましょう。

また、引越し業者は、引越しの2日前までに見積もり書の記載内容の変更の有無について確認しなければならいないという義務が約款により定められていますので、確認がなければ、キャンセル料を払う必要はありません。 また、ダンボールなどの梱包資材を受け取っていた場合には、梱包資材を返却しなければなりませんので、送料を負担しなければなりません。 基本的には、梱包材などの費用を徴収するような業者は避けた方が良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ