荷造りのポイント

引越しには荷造りが必要です。 荷造りをしてくれる引越し業者のサービスもありますが、ご自身で対応する場合には、極力、効率よく荷造りをしたいものです。 荷造りをするにあたって、大切なことは必要なものをしっかり揃えておくことが必要です。 では、何が必要になるのでしょうか?

「ダンボール」引越し業者から無料でもらえることもありますが、費用がかかるようであれば、お近くのスーパーなどから大小数十個のダンボールを調達しましょう。 「新聞紙」緩衝材として利用します。 エアパッキンなどがあると良いのですが、新聞紙でも十分です。 「ガムテープ」はがすことを考えますと、布テープを利用されるほうがよろしいと思います。

「セロテープやビニールテープ」配線などを束ねたり、送別する際に色別のテープを用意されるとよろしいと思います。 「油性ペン」これはダンボールの内容物を記す際に必須となります。 「カッターやはさみ」「ラップや輪ゴム」液体の入ったビンなどを梱包する際に利用します。 「工具類」組み解きなどに利用します。 「掃除用具」普段目に触れていない箇所は汚れが激しいので、準備しておくとよろしいと思います。

以上の準備ができましたら、まずは普段使わないものから荷造りをしましょう。 また、ダンボールへ荷物を詰める際には、ひとつひとつのダンボールが重すぎることのないよう工夫をしましょう。 持ち運びの際に軽くて済みます。 そしてダンボールには内容物をしっかりと明記しましょう。 まだまだ、荷造りの秘訣はありますが、一部の紹介です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ