引越しの保険

引越しの際には、家財を傷つけてしまう可能性も十分にあります。 そのために引越し業者は、基本的には損害保険をかけています。 いくら技能のある作業員でも、狭い通路を利用して搬入・搬出する際には、ぶつけてしまうこともあると思います。 作業員は引越し業者からしっかり教育を受けているので、そんなにトラブルがあるとは思えませんが、例えば、急に人手を用意するために、採用したアルバイトなどでは、何が起きるかわかりません。 そのために、保険に加入してもらっているか否かはとても大切なことなのです。

保険の対象は、すべてではなく、貴金属や有価証券などは対象にならないこともあるのですが、少なくとも、電化製品や高額なタンスなどに何かトラブルがあれば、修理費や買い替えの資金などは確保してもらいたいものです。 ご自身では、運べないような大きなものならば、引越し業者に任せるしかないのですが、小さくてご自身で運べるようなものについては、ご自身で運ばれたほうが良いと思いますし、安心もできると思います。

保険が適用できる条件は、結構難しいものだと思います。 責任の所在などもしっかり調査されると思います。 そして、保険金も限られていると思いますので、本当に効果なモノについての保険金は必ずしも補償されるわけではないので、理解しておく必要があると思います。 ・・といいますか、まずは、保険を利用しなければならないような作業をする引越し業者にお願いをするべきではないです。 うがった見方をすれば、引越し業者は保険があるから、少しくらいの破損やキズなどは大丈夫だと思っているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ