引越し訪問見積もりの料金の罠

引越し料金が最終的に決まるのは、訪問見積もりをしてもらい、運ぶ荷量や、住居の環境などを調べてもらった後です。 悪徳業者もいる場合がありますので、注意しなければなりません。 訪問見積もりに限ったことではないですが、引越し業者のトラックのナンバープレートの色で、正規の引越し業者か否かを判断することができます。 引越し業者のナンバープレートは緑色のプレートか、黒色のプレートのどちらかです。 それ以外の黄色や白色のナンバーは許可を得ていない業者で、法外の引越し業者です。 許可を得ている業者か否かはしっかり確認しなければなりません。

万が一、違法な業者を利用した場合には、荷物の損傷や紛失などのトラブルの補償を受けることができませんし、そのような業者を利用した際には、利用したご自身も違法で罰せられます。 そして、訪問見積もりの際に、手付金や、予約金などを請求してくるような業者は、国土交通省が定める、標準運送引越約款に基づいていませんので、断固として拒否をしてください。

また、この標準運引越運送約款を提示しないような業者は、悪徳の場合が多いので注意しなければなりません。 基本的には、見積もりは無料、内金・手付金も無料、引越しのキャンセルは2日前までならば無料、引越し後に荷物の破損が見つかった場合には、3ヶ月以内であれば補償されるというようなことです。 このような表記がされている標準運送引越約款を提示しないような引越し業者は、まず違法だと思って断る必要があります。 しつこい業者などは、警察に連絡することも必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ